畳のお手入れについて

少しでも畳の疑問が解決できますように、畳のお手入れは万全ですか?
畳のお手入れ

すがすがしい香りと優しい感触をいつまでも保つには日頃のお手入れが大切です。畳を長持ちさせるには、チョットした日頃のお手入れが効果的。こまめに掃除機をかけたり、固く絞った雑巾で拭くようにするだけでも、あのすがすがしさを少しでもじぞくさせることができるのです。

カビ・ダニの発生を防ぐには室内の喚起が重要

カビ・ダニの発生は、家の中の換気不足による湿度の上昇が第一の原因です。窓を開けたり換気扇を回すなど、できるだけ部屋の換気を心掛けることが大切です。

普段のお手入れ
・掃除機はやさしく畳の目にそってゆっくりかけましょう。 1畳40~60秒が目安です。
・ぬれ雑巾で拭くと畳の光沢がなくなります。掃除機をかけ、固く絞った雑巾か、乾いた雑巾でカラ拭きをしてください。
・天気の良い日には、窓を開けて風を通しましょう。

畳にカビが生えてしまったら 消毒用アルコール、または畳の防カビ剤を布にしみ込ませ拭き取る。絶対ぬれ雑巾では、拭かないでください。

畳の交換・畳の張替えの種類

新畳
新畳とは畳表と畳床とを新調する作業です。長年使用していくうちに床が段々と弱ってきます そうして床の厚みにムラが出てきたり、畳の隙間が大きくなり手直しできなくなってくる時に新調します。交換の目安は20年~25年です。

表替え
表替えとは現在使っている畳表を取り外して畳床はそのまま使い畳表を新しいものに張り替える作業です。表替えの目安は5年~7年くらいになります。ただし痛みが激しい場合で畳表が破れているときは、早めの張替えをお勧めします。

裏返し
裏返しとは現在使っている畳表を取り外し焼けていない裏側をひっくり返して使います。畳表を新しく張り替えてから3~5年が目安です。あまり使用年数が長い場合は裏側も日焼けしてしまっていたり、お茶や水などをこぼした場合は、裏側にも染みが残っていることがあります。

畳替えの目安

畳の寿命は、畳の品質、お手入れの状況、使用状況などによって違ってきますが、通常は、年数がたつと畳表の色が変色したり、ほつれなどがでてきます。古くなった畳は、踏み心地もよくなく、ダニ、カビ、ホコリの温床となり衛生上もよくありません。喘息やアレルギーの方は特にご注意ください。
畳張り替えの目安

お電話でのお問い合わせ

小さなことでもご相談ください。畳1枚からお見積もり致します!
お問い合わせ